20代・30代独身男性のための情報収集サイト。ジャンル問わず気になる話題をお送りします。

スマートラボ

プライベート ペット 他のジャンル

あなたの犬は大丈夫?実は多い!犬の『うつ病』原因と症状・対策を検証

更新日:

現代病の代表格ともされる『うつ病』ですが、実は人間に限ったことではありません。

そう。”犬”でもうつ病になってしまいます。

調べてみたところ、イギリスではなんと200万匹以上の犬がうつになっているそうです。

今回は、そんな『犬のうつ病』の原因と症状・対策に関して書いていきます。

スポンサーリンク


犬のうつ病の原因は?

犬がうつ病になってしまう原因は、いくつかあるようです。
少し人間と似ていますが、3大原因として、

①習慣的に、いつも長い間留守番をしている
②飼い主の機嫌がいつも悪い
③家庭の雰囲気がいつも悪い

この3つがうつを発症する原因として多いようです。

犬は人間と違い、自分の意思を伝えることができないのでなかなか気付いてあげられず、

環境が良くない場所にいると人間よりもうつを発症する可能性も高いようです。

犬のうつ病の症状

犬がうつ状態になると、

孤独やストレスが原因で寂しそうに歩き回ったり、何時間も遠吠えをしたり、自傷行為を行ってしまいます。

あんなに喜んでいた散歩も嫌がってしまったり、

体がスッポリはまるくらいの狭いスペースに入り動かなくなり、食欲の低下も起きます。

食べさせても、吐いてしまったり、下痢になったりもします。

症状は人間のうつ病と似ているようです。

犬がうつ病になるまえに・・

当然、飼い主も好きで犬にストレスや孤独感を与えてしまっているわけではありません。

しかし、愛犬が元気がなくなると自分も元気がなくなりますし、環境は変えれなくても対策はすることができます。

対策①スキンシップをはかる

犬の名前をしっかりと呼び、体をなでてあげたり、スキンシップをできれば毎日・定期的にとってあげましょう。

それだけでも、犬の心は癒されていきます。

対策②一人に慣れさせる

当然、仕事などでいつも一緒にいるのは難しいかもしれません。

数か月に1回でもいいのですが、『犬が一人でお留守番』できるようにしつけをしてあげましょう♪

対策③留守中はほんの気遣いが大事

どうしても時間が確保できず、

愛犬に寂しい思いをさせていると感じた人は、せめて留守番させている際に気遣いをしあげましょう。

・テレビやラジオをつけておいてあげる
・音楽を流してあげる
・温度を快適に、犬が生活しやすいようにしてあげる

少しの気遣いでも、対策になるようです♪

まとめ

今回は犬のうつ病に関しての記事を書いていきましたが、実際読んで見て、あなたの愛犬は大丈夫でしょうか?

疲れる現代社会、犬も同じようです。
癒しのペットを病ませるようなことだけはしたくないですよね。

こういった書籍を読むとより知識も深まります。

少しの知識でわんちゃんを救えるのであればと、管理人の調査の範囲ではありますが記事にしてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-プライベート, ペット, 他のジャンル
-, , , , , , , , ,

Copyright© スマートラボ , 2017 AllRights Reserved.